ShinyPomme

大切なわんちゃんに、
安心なデンタルケアを。

Attention ~犬の歯周病に注意~

犬の歯の病気を侮ってはいけません

bad-tooth

わんちゃんの病気の中で最も多いのは歯の病気であることを知っていますか?

また、わんちゃんのデンタルケアなんて不要だと感じている方いらっしゃいませんか?

実は、わんちゃんだからこそ歯の健康は人間以上に大切になります。

わんちゃんを飼う方の数は年々増えていますが、わんちゃんの歯の病気の怖さの認知度は低いように思われます。わんちゃんの歯は人間の歯とは違い、日ごろのケアのしやすさ、口内環境の維持、また異常発生時の気づきの早さ、全てにおいて程度が低いです。そのため、オーナー様が正しい認識を持ってわんちゃんのデンタルケアを行うことは非常に大切です。

歯周病は歯垢の蓄積による細菌感染症

わんちゃんの歯の病気の中でも特に多いのが「歯周病」です。「歯周病」という言葉はよく耳にすると思いますが、そもそもどのような病気なのでしょうか。

歯周病とは、細菌による歯の周りの炎症症状の総称です。

細菌が歯肉に到達し炎症を起こせば「歯肉炎」となり、歯を支える歯槽骨まで到達し炎症を起こせば「歯周炎」となります。両者とも歯周病の一種です。

歯周病の大半は、歯垢(プラーク)からの細菌繁殖が原因となります。歯石自体は歯周病の原因ではありません。歯石の上にたまる歯垢の中の細菌が歯の周囲で増殖し、炎症を引き起こし進行していく細菌感染症です。

炎症が進むと、歯垢が歯と歯茎の間(歯周ポケット)を押し広げ深くなって行き、やがて歯を支えている骨が溶ける事で歯が抜け落ちたり、酷いと下顎骨の骨折にも繋がります。

犬の歯周病は体全体に及ぶ感染症です

Dog-Disease

わんちゃんに以下のような症状はありませんか?

  • ・顔が腫れる
  • ・体重減少
  • ・嘔吐
  • ・呼吸困難
  • ・下痢
  • ・黄疸
  • ・足を引きずる

上記症状は、肝炎、関節炎など全身疾患の症状を表しています。これらの感染症は歯周病を放置することで発症するケースがあるのです。

歯周病は放置すると細菌が血液を通り体全体へいきわたる可能性があります。細菌が肝臓に到達すると肝炎、関節に到達すると関節炎になり、体の至る所に到達し様々な感染症の引き金となります。中には完治が難しい難病や死に至る感染症を招くケースもあり、わんちゃんも人間と同様に、歯周病が寿命に影響を与えてしまう事も少なくありません。

犬だからこそ人間以上のデンタルケアを

上記の病を防ぐための最良のケアとしては、歯石の継続的な付着を防ぐことです。

歯石の表面はザラザラしており、歯垢が溜まる足場となってしまいます。歯垢がお口の中で多くなり歯周ポケットへ入ると歯周病に罹患します。そのため、歯垢が溜まる足場の歯石は取っておくことが歯周病の予防となり、重度感染症の予防にもつながります。

動物病院に駆け込む必要がある重度の感染症も、日ごろの歯石のケアだけで予防できたケースが幾つもあります。歯の異常を気づきにくくデンタルケアが疎かになりがちなわんちゃんだからこそ、日ごろの歯石ケアの重要性が増します。

今からでも遅くないので、正しいわんちゃんのデンタルケアの認識をもち日ごろから予防をしてあげることが大切です。

⇒Care 正しいケア